【早めに始めよう】引越しの準備完璧マニュアル!

女性

引越し2週間前までの準備

引越しまで1ヶ月を切ったら本格的に準備を始めましょう。引越し業者に相談すればダンボールやガムテープがもらえることもあります。節約を考えるなら、スーパーなどでもらってきましょう。

詳しく見る

ダンボール

引越し前1週間になったら

引越し1週間前になったら、本格的に準備を進めていきましょう。基本的にすることは役所での手続きです。手続きは本人確認書類や新居の住所が必要ですので、忘れずに持っていきましょう。

詳しく見る

女性作業員

引越し直前にすること

引越し直前は慌ただしいので、しっかり確認しながら準備するようにしましょう。まず、すぐ使うものは最後に箱に詰めるようにして、名前を書いておくのが重要です。また、新居には引越し業者より先についているようにしましょう。

詳しく見る

男性

引越し挨拶する?しない?

引越しの準備で忙しい中ですが、挨拶はしっかりしましょう。旧居から引っ越すときには引越し時の騒音があるので、挨拶が必要ですし、新居ではこれからお世話になることを考えて、挨拶をするようにしましょう。

詳しく見る

男女

引越し後にすること

引越しの準備が終わってホッとしていませんか?実は引越し後にもやることは沢山あります。ですので、しっかり準備ができるように余裕を持って引越しの日を迎えるようにしましょう。

詳しく見る

引越しの手順

女性

引越しが決まったらすぐにすること

引越しをするにあたって一体何を準備すればいいのか分からないという人の為に、簡単に引越しの手順を解説していきます。まず、引越しをする時に決めたいのが新居です。内見の際に、荷物を入れる場所はあるかを確認しましょう。また、エレベーターの有無は引越し業者に聞かれるので、確認しましょう。次に引越し日を決定します。引越し日は引越し料金に大きく関わるので、早めに決めるようにしましょう。一般的な引越しのピークは4月で、平日よりも休日、日曜日より土曜日のほうが高いです。また、1日の中でも、午前中よりも午後、時間指定なしなら、もっと安くなります。その点と自分の予定を考慮して考えましょう。また、そして、引越し日、引越し先が決まり次第、引越し業者を選びましょう。引越し業者はいくつかピックアップして、見積もり依頼をしましょう。もし選べなければ、見積もりの依頼を同時に何社かに同時に依頼できるサイトもあるので依頼してみましょう。見積もりは荷物の量を見るために、家の中に入ることが多いです。ですので、時間に余裕を持って探すようにしましょう。次にやっておきたいのが、現住所の管理会社や大家さんへの退去予告です。できるだけ早く行うことが望ましいですが、基本的に退去の1ヶ月前までに予告するのが決まりです。管理会社により違いがありますので、契約書を確認しましょう。また、退去予告が電話でできる場合と、書面を求められる場合がありますので注意してください。全体のスケジュールが決まったら、引越しに向けて準備を始めましょう。まず最初に、粗大ゴミは処理に時間と労力がかかるので、処理をします。処理業者に依頼するか、自治体の処理方法があるので、調べておきましょう。まずは引越しが決まったら準備できることをしっかりススメていきましょうね。

Copyright© 2019 【早めに始めよう】引越しの準備完璧マニュアル! All Rights Reserved.