【早めに始めよう】引越しの準備完璧マニュアル!

引越し直前にすること

女性作業員

いよいよ引越しが2・3日後に迫ってきたら、準備したいものを紹介します。大まかな荷造りはだいたい終わっているかもしれませんが、すぐに使うものはこの時期に荷造りを始めましょう。詰めたダンボールには、しっかり名前を書いて、新居に行った時に分からなくならないようにしましょう。他のダンボールに記入する時間がなくても、すぐに使うものはきちんと記入しないと後で困ることになりますよ。また、引越しが遠方の場合は、荷物が新居に届くまでに日数がかかることがあります。日数をしっかり確認しておいて、その間にどこで過ごすのかを対策しておくのと、どこかに泊まる場合は、自分の荷物に着替えと最低限の生活用品を持って置かなければいけません。また、当日に引越し可能な場合には、新居にどのように移動して、時間がどのくらいかかるのかも把握しておきましょう。基本的に搬出も搬入の際も住居に人がいる状態でなければ引越しができません。引越し業者を待たせてしまうと、同日に引越しがある場合があるので、注意が必要です。引越しのトラックに一緒に乗ればいいと考える人も多いようですが、引越しのトラックは基本的に従業員以外の人を乗せることができません。予め、移動手段を確保しておくことが必要です。家族での引越しであれば、誰かが先に出発し、新居を開けて待っておくといいでしょう。しかし、一人暮らしの場合はそれが難しいので、誰かに依頼するか、到着時間をずらせないか、予約時に相談してみましょう。気をつけたいのが、現在の住まいが賃貸の場合です。賃貸の場合は、荷物が全部無くなった後に、管理会社が壊れているところがないか確認してもらい、カギを返却します。そこで大きな壊れ等見つかった場合に修理費が請求されることがあるのですが、その間にトラックは新居に向かってしまうので、注意が必要です。もし、一人での引越しで手伝う人がいない時は、先に新居で引越しを済ませてから、家に戻ってその時間に管理会社に来てもらえるように準備しておくほうが安心かもしれません。

Copyright© 2019 【早めに始めよう】引越しの準備完璧マニュアル! All Rights Reserved.